2017年03月 / 05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
 
スポンサーサイト  
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
空気は作るものにごわす。―大金星  
2009.01.15 (Thu)
献本御礼第二弾。
水野敬也氏の新作『大金星』いただきました。
大金星

こちらは百式企画塾様の賞品でございます。

夢をかなえるゾウ』のときは、ある程度の前情報があって
なんとなくどんな内容か知ったうえで読み始めたのだが、
今回は、帯の「ゲラゲラ笑ろて読んでたら、いつのまにか泣いとった」という
ガネーシャの言葉くらいしか情報がないまま、何の本なのかもわからず、
ある意味、変な先入観のない状態で読むことができた。

読み終えてみても、結局この本は何なんだろうという感じは残ったけど(笑)、
水野ワールドを存分に堪能させていただきました!


感想としては、これは夢をかなえるゾウのようにバカ売れするタイプの本ではなくて
たぶん人を選ぶタイプの本だなと思った。


まず、基本的に華やかな世界を歩んできたタイプの人には読めないかも。

いや実際にはどんな人にとっても大切なことが書いてあるけれど
それを本書を通じて学びとるためには、ある程度「主人公側」の人間に
共感できることが、どうしたって必要になる。

どちらかというと「あっち側」の人間に共感してしまう人の場合、
きっと読み進めながらも「いやいや、そこは空気読んどけよ」とか
「イケメンにもイケメンなりの苦労があんだよ」とか、
「主人公側」の言動にやきもきしてしまうのではないかなと思う。


それと、アツいことを言われると引いてしまうタイプの人にも読めないかなと。
というのも本作は、水野氏にしては珍しく激アツなのだ。

夢ゾウが特徴的だけど、水野氏の文章は、
自己啓発的な教えを、明らかにおかしいキャラクターが語り、
主人公がそれに対して一歩引いた立場からツッコんでくれることで、
なんか安心して読めるところがある。

本書も基本的にその形になっているのだが、ラストのほうは激アツ。
著者のアツい想いが、ひねりのないストレートな言葉でガンガンぶつけられる。
このストレートなエネルギーを受けとめられるだけのポテンシャルが
読者側になければ、この本を味わいきることはできまい。


別の人の作品でいうと、福本伸行氏の『最強伝説黒沢』みたいな、人を選ぶ感じ。

個人的には『黒沢』のラストのアツさは本当に心に響くものがあって、
目に涙を浮かべながら読んだのだけど、
別の人に紹介してみたら、全くもってウケがよくなかった。

響く人にしか響かない作品、という表現がいいだろうか。

ちなみにこの『大金星』で私に一番響いたのは、
「春男」の言葉の中でもひとつだけ妙に浮いている、
「人は○○した数だけ~」っていうやつ(なんとなくボカしてみる笑)


それにしてもあのなんともすっきりしない終わり方は何なのだろう。
もしかして、続編がっ・・・!?



関連エントリー:
夢ゾウにちなんで、2009年のベストセラータイトルを考える
身を食う芸が身を助ける:LOVE理論
edit |  20:12 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
はじめてのGTD  
2009.01.10 (Sat)
百式管理人の田口様より、
訳書『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』いただきました。
あざっす!!

gtd01.jpg


年末から年始にかけて夢中で読みふけりました。
いやぁ、今までGTDってもんを、実は全くわかってなかったんだなぁと(汗)

GTD(Getting Things Done)とは、その名の通り、
あらゆるやるべきことをきちんとこなすための体系だった方法論のこと。

以下の文章にハッとさせられる部分のある人には、特に有益なものであるはず。

どんなビジネスパーソンでも、やるべき仕事を確実にこなしたいと思っている。しかし、1日の仕事が終わったあとに、かけるべき電話がかけられず、引き継ぐべきタスクが引き継がれず、会議や話し合いで決められたことがきちんとフォローされておらず、果たすべき責任が果たされず、処理すべきメールが何十通も放置されていることを、彼らは知っているのである。こうしたビジネスパーソンの多くが一応の成功を収めているのは、オフィスや書類カバンの中に放置されている問題以上に多くの困難をかろうじて解決し、ひとつでも多くのチャンスをなんとかものにしているからにほかならない。しかし、仕事も人生のスピードもどんどん速くなっている現代においては、この状態をいつまで続けられるかははなはだ疑問である。



本格的なGTD導入の具体的な流れは本書を見てもらうとして、
ここでは、GTD的に超重要だと思われるポイントを3点にしぼって紹介。


1. 頭の中の「気になること」を全て外に出す

これが最大のポイントじゃなかろうか。

ほとんどの人は、脳の短期記憶に抱えきれないぐらいの「やりかけの仕事」を溜め込んでいる。たとえるならばメモリの容量ぎりぎりまで使い切ったパソコンで作業をしているようなものだ。そのため脳に負荷がかかって集中できず、常に気が散ってしまう。


とにかく気になっていることを一度全て書き出す。
本書ではこの作業を「収集」と呼んでいるが、この収集を最初に行う場合には、
長ければ6時間程度もかかるものだという。
それほどに人は、常に頭のすみでいろんなことを気にかけながら生活しているわけだ。
それらを全て頭の外に出すことで、頭の中をすっきりきれいにすることが
ストレスフリーのための第一ステップだということである。

本書には、ご丁寧に「済んでないこと」を思い出すためのきっかけ作りに使える
「トリガーリスト」なるものまでついているからありがたい。


2. To Doリストには、「次にとるべき物理的な行動」を載せる

私がこれまで見てきたTo Doリストの多くは、やるべきことを単に羅列しただけで、実際に必要な作業を書いたものにはなっていない。それらは、さまざまな未解決事項の部分的な覚え書きでしかなく、求めるべき結果や次の具体的な行動への変換作業ができていないのである。


「友人Yへの誕生日プレゼントを決める」というのは、物理的な行動ではない。

実際に次にとる行動は、「A店とB店で友人Yのプレゼントを探す」かもしれないし、
「友人Yに電話して、欲しいものがないか、さぐりを入れる」かもしれない。
To Doリストには、そういう具体的な行動を載せなければならないということだ。

そのために、まず「収集」した全ての事柄について、
「求めるべき結果」と「そのために必要な具体的な行動」を考えるのである。


求める結果に至るまでに複数の行動が必要な事柄のことを
本書では、個々のタスクと区別して「プロジェクト」と呼んでいる。

たとえば、ノートパソコンを買うにしても、実際の購入に至るまでに、
スペックごとの相場の把握

資金計画

購入機種の検討

購入店舗の検討

購入
といった過程で複数の行動が必要であれば、
それを「ノートパソコン購入プロジェクト」として、
To Doリストと別の「プロジェクトリスト」に加えておく。

そしてTo Doリストには、「価格.comで相場を調べる」というような
次にとるべき具体的な行動をその都度加えていくのである。


3. 適切なタイミングでレビューする

あなたの家に電池の切れた懐中電灯はあるだろうか。その懐中電灯の電池を交換しないといけないと思い出すのはいつだろう。言うまでもなく、その懐中電灯を目にしたときであろう。これはよく考えると、かなり間抜けなことだ。心に多少なりとも分別があるのなら、お店で電池を売っているのを見たときに思い出すべきだろう。


どんなに立派なプロジェクトリスト・To Doリストができても、
それを適切なタイミングでレビューできなければ意味がない。

そのために、To Doリストは、その行動をする際の状況別にまとめておく
(「@パソコン」「@買い物」など)。

プロジェクトリストについては、週に1度の「週次レビュー」で確認し、
何ができていて、何ができていないかを把握するべし。

また、特定の日付に思い出したいことは、
カレンダーや備忘録ファイルをリマインダーとして使うことで、
思い出したいタイミングで思い出せるようにしておくべし。


1. 頭の中の「気になること」を全て外に出す
2. To Doリストには、「次にとるべき物理的な行動」を載せる
3. 適切なタイミングでレビューする


ちょうど年の初めのいいタイミングなので、
さっそく今月からこのGTDを実践してみることにする!

ようやくcheckpadの正しい使い方がわかったかも・・・。



関連エントリー:
開けっ放しのドアはいかにして生じるか―情報共有と現状維持バイアス(前)
「歯科検診力」を鍛える
デッドライン同盟を作って夏休みの宿題をやっつけよう

edit |  16:53 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
もし宇宙が素晴らしいアイデアをくれるとして  
2008.12.22 (Mon)
先日は、「就活コンパス~発想力編~」と題して
発想についてのイベントを唐突に実施させていただいた。

内容は、発想について、アイデアは全て書き出しましょうとか
アイデアの評価は後でまとめてしましょうとか
基本的な方法論についての話もしたのだけれど、
一番伝えたかったのは、「考える」=「考える時間をとる」だぞってこと。

hassoryoku_convert.jpg

どうも、「世の中を変えた画期的なアイディアはふとした瞬間に生まれた!」
みたいなエピソードを見聞きすることが多いせいなのか知らんが、
アイデアが、突然「思いつく」ものだと思っている人が学生には多い。

違うよと言いたい。
アイデアは「考えつく」、つまり「考えた末にたどり着く」ものである。

もちろん、遊んでるときにすんごいアイデアを思いつくことだって少なくない。
でも、なにげないときに思いつくっていうのはただの結果であって、
その瞬間だけ当てにしてぼんやり一日を過ごすことは「考える」とは言わない。


森博嗣氏の「本当に考えたの?」という記事を読んだときは
本当にそうだ、そのとおりだ!と思った。

多くの人が言う「考えた」というのは、「考えようとした」のことらしい。同様に「悩んだ」も「悩もうとした」である。否、たとえ考えようとするだけでも、100時間くらい考えようとしていれば、なにかは実際に考えるだろうし、そして、考えれば、なにかは思いつくだろう。きっと具体的な案がいくつか出てくるはずだ。ほんの一瞬だけ考えようとしたくらいで「考えた」なんて言わないでほしい。


だから、ゼミで「発表のテーマを次までに考えてきましょう」って言われたときには
図書館やインターネットで必要な情報を集めた後は
机に向かって紙とペンを駆使しつつ、自分の頭と格闘しなきゃならない。

お風呂やベッドでそういえばと思い出して
「あー、思いつかねぇなー」っていうのは、考えるとは言わないのである。


よく、「発想力」がある人、ない人という言い方をするけれど、
芸人のような職業を除けば、発想に瞬発力が求められることはあまりない。
であれば、基本的には「どれだけ時間をかけているか」の違いなんじゃなかろうか。

それでも、いや、それは才能の違いだとか、
あるいは、発想は偶然が重なって生まれるのだとかいう人には次の言葉を贈りたい。

もし宇宙が信じられないような素晴らしいアイデアをくれるとして、
きみはそれにふさわしいかね?



仕事は楽しいかね?』より。

普通、ある人の周りでだけいつも殺人事件が起こるというような
名探偵なにがしのようなことは、まずありえない。
であれば、あとは周囲の物事をとらえるアンテナの違いなのである。

試してもらえるとよくわかるが、
なにか特定のことについて集中して考えていると、
周りのどんなものでも、そのことと結びつけられないかと思いつくものだ。

例えば今回のイベントでは、
「空港にあると便利な施設・サービス」というテーマについて考えてもらい、
考えにつまったら見てくださいと言って、国語辞典を置いておいた。

これを適当にめくってみる。
「たたき起こす」という言葉が目に付く。
そうだ、出発の時間になったら起こしてくれる仮眠所はどうだろう?と思いつく。

同様に、いくらでも連想からひらめくことができる。
「封印」→10年後まで荷物を封印してもらえる、手荷物預かり所は?
「時給」→空き時間で気軽に労働力を提供できる作業所は?
「少納言」→旅先の歴史を機内で学べるワークブック売り場は?
「うろ覚え」→うろ覚えのお土産品を、特徴から検索できる店舗案内所は?


でも普段は、国語辞典を見るときに空港の施設のアイデアなんて普通思いつかない。

宇宙がどんなに素晴らしいアイデアのヒントを目の前にちらつかせてくれても、
それに気づき、利用できなければ意味がないのだ。

それができる人が、「発想力がある人」と呼ばれるわけだが、
それって何か生まれもった能力の違いというよりは、
日頃から、何にどれだけ深く思考を巡らせているか
という違いなんじゃないかなと思うわけである。



関連エントリー:
仕事は楽しいかね?
340m/sで自分の声を聞きながら移動するという発想力
教科書全文暗記は、根気さえあれば誰でもできる

edit |  17:33 |  我思う  | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
In the Loopの学生団体交流会に参加  
2008.11.16 (Sun)
一昨夜はIn the Loop様主催の交流イベントに参加。

In the Loopはいろんな学生団体やサークルの活動の場となっているカフェで、
一昨日はそこで活動している学生同士を結びつける交流会をやるとのことで、
学生にまじって一人スーツ着用で参加してきた(笑)


定刻よりちょっと遅れて会場についてみると、
想像をずっと上回る数の学生が店内狭しと溢れかえってておったまげた。

最初に各団体の人が一言ずつ団体の活動内容を紹介する時間があって、
聞いてると、前から名前だけは知っていた団体もあれば、
初めて知ったユニークな活動をしてる団体もあり、
音楽系サークルから環境系の団体、
メンバー3名の団体から全国規模の団体まで、本当にいろいろ。
こんなにいろんな団体の活動を支えていたとは・・・インザループおそるべし。

分野は違えど、アツい活動をしている学生ばかりで、
自分の知らないところでこんなに頑張っている学生がまだまだいるのだなと
ちょっとした衝撃を受ける。

けっこういろんな人と話をさせてもらったが、
まだ学部の1年生、2年生という人もけっこう多くて、さらに衝撃を受ける。

あー、大学生をやり直したくなってしまうわ。


以前、In the Loopの宮越さんという方が
ここをイギリスのコーヒーハウスのような場所にしたいんだと話していたことがあった。

コーヒーハウスというのはカフェの前身で、
そこに集まってくる客同士で、情報交換だとか商談だとかが生まれる
自然な社交の場になっていたんだとか。

今回みたいな機会はすごくそういう理想に近い形になっていたんじゃなかろうか
と思うんだけど、どうなんだろうか。






関連エントリー:
学生団体「北プロ」の代表に会ってきた。
ウザがられるフェーズ
小樽商大「ビジネスデザイン論」中間報告会に参加

edit |  18:25 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
本を見ながらタイプしたいときに本を開いたままにする方法  
2008.10.13 (Mon)
本の文章を引用したいときとか、
何か本を見ながらPCでタイピングしたいときに、
本を開いたままにしておくのが意外と煩わしい。

そんなふうに思ってたときに、↓こんなツールを発見。

ブックストッパー
ブックストッパー

さっそく購入してみようと思ったが、
ただの「クリップ+重り」にしてはちょっと値が張るなぁ
ってのと、
外で作業したいときはいちいちこれを持ち歩くのかぁ
ってことが気になって、二の足を踏んでいた。

なんとか身近にあるようなもので代用できるといいのだが・・・。


とか考えていたある日、ふと思いついたことがあって、
試してみたら、見事に解決してしまった!


↓これでいいじゃん!!




二つ折りタイプの携帯電話が、ちょうど「クリップ+重り」の機能を兼ね備えている!

携帯電話なら基本的にいつでも持ち歩いてるし、
これなら本を傷めることもないし!

携帯電話の機種とか、本の厚さとかによって
うまくいかないこともあると思うが、ぜひ一度おためしあれ。
(画像のケータイはau: A5523T

edit |  14:16 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
大学生協ビジネスセミナーの商品を真剣に食す  
2008.10.02 (Thu)
大学生協のビジネスセミナーというものがあって、
後輩が参加している。

そこで開発、商品化された食品が昨日から発売とのことで
昨日は開店時間に合わせて大学生協へ。


売り場にその後輩含め、セミナー参加学生が数名いた。
聞けば商品の搬入陳列からやったというから感心してしまった。



そして勧められるがままにいろいろ買ってしまった。


一応レビュー。

「根室産!さんま蒲焼おにぎり」
具の位置に大きめのさんまが入っているだけでなく、
ご飯自体にも細かいさんまが散りばめられている。
これはウマイ。

「ピリ辛!肉味噌ジャージャーおにぎり」
「麺は入っていません」との注意書きが秀逸だが、
ジャージャー麺の麺じゃない部分なので要するに肉味噌。
肉味噌と米の相性は良すぎなので当然ウマイ。

個人的にはもっと濃厚な感じでも良かったかなーと思った。
盛岡のアレみたく、それこそお湯かけてチータンタンにできるくらいの。

「シャキシャキ!つくねチ~ズロール」
ウマス!これウマス!
思ったほどくどくないし。
レンジでチンして食べたけど、トースターで温めてもおいしいかも。

「恋の味!?ほろにがモカプリン」
これうまいな~。
パッケージもステキだし。
なんていうか、ウマイ。

食べた後、歯がなんとなくスッキリしない感じだけど、
その後味の悪い感じも、ほろ苦い恋の味なのかもしれませんね。


総評。ウマかった。

おにぎりとかパンとか、
普段何も思わず食べてるものがこれだけおいしく感じられたのは、
きっとそれだけ真剣に食ったからだろう。
もちろん商品自体も良いのだろうけれど。

やっぱり飯は真剣に食わにゃならん。

赤井英和も、
「死ぬまでにあと何回飯食えるか考えると、1回も無駄にできない」
みたいなこと言ってた。天才だ。


そういえば、「日本の高校生が教室でお弁当を食べる映像の海外反応」で、
日本の学生がお弁当を広げて食べる光景に対して
外国人たちがキュートだヘルシーだとコメントしているのを見て、
初めて日本の「お弁当」の素晴らしさに気づかされた。

あの頃は、「また汁漏れてるよ」なんて文句言いながら食べてたけど、
もっと真剣に食べていれば、親への感謝ももっと大きかったろうなぁ。


horoniga02.jpg



関連エントリー:
 忙しくて自分を見失いそうな人のためのチェックリスト
 「ごはんつぶを残すな。」

edit |  18:39 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
ICMPC10が終わった・・・。  
2008.09.01 (Mon)



北海道大学を会場として行われたICMPC10が嵐のように終了。

連日会場周辺は各国から集まった参加者たちでごったがえしていて
なかなかのお祭りムードでした。


あれだけ急に周囲がガイジンだらけになってしまうと、
嫌でも文化の違いについて考えさせられる機会がたくさんできる。

今回改めて感じたのは、彼ら、特に欧米人の
他人への関心度の高さである。

まあ海外に来てテンションが上がってるせいもあるだろうが、
彼らは、そのとき、たまたまそこにいる人に対して
いつも一人の人としての、ある程度の関心を示しているようにみえる。

小さな共通点など、話の糸口が生まれるきっかけを決して見逃さず、
積極的にコミュニケーションをとっていく。

大げさにいえば、人類皆兄弟なノリである。
ともすると、街角でティッシュを配っている人にさえ
「ありがとう!ちょうどティッシュがほしかったんだ。
 どうやら風邪をひいてしまったようでね。というのも昨日~」
なんて身の上を話し出したりしそうな、そんな勢いである。

この彼らのノリに乗じて、何度か
"Hi, how are you?"なんてなれなれしく話しかけたりしてみたが、
一人として、ヘンな顔をしたりする人すらいなかった。
自然。
実に自然に言葉を返してくれるものだから、逆にこっちが戸惑ってしまうくらいだ。


普段から、日本人って他者一般への関心が低いよなーと思うことがある。

例えばそれはチラシを配っている人に目もくれずに素通りする人を見たとき。
例えばそれは「ごちそうさま」も言わずに食堂を出て行く人を見たとき。
例えばそれは大学の構内で、互いに顔を知っている仲であっても
あえてすれ違いざまに声をかけようともしなかった自分を思い出すとき。

日本人にはきっと、欧米人と比べて、
日常の中でストレンジャーと交流する機会が圧倒的に少ないのではなかろうか。

アメリカン・ジョークの中にも日本人の外交の下手さをネタにしたものがあるが、
日本人は「交渉」の前に「交際」がヘタかもしれないね。
そんなことを考えさせられた国際学会でした。


自分の発表はというと、まあひとつだけ、やらかした。

自分のところにやってきたガイジンAに、ポスターの内容を一通り説明した後、
ガイジンAが、グラフを指さして「コレはなんだ?」と言う。



指し示す先には"craping"の文字。

ああ"p"がひとつ抜けてたか、なんて思いながら、
「なにって、クラップだ。」と、手をたたいてみせるワタシ。

ガイジンAが言う。

「それは"clap"だ」 と。


Ohソーリーなんて笑ってごまかす私に、
「それ(crap)どういう意味か知ってんのか?」とガイジンA。

「アイドンノー」とワタシ。

するとガイジンAは声をひそめて言った。

「"shit"だ(爆笑)」


・・・まあ言語なんて失敗体験を積み重ねて学ぶものだからさ(汗)



関連エントリー:
 失敗体験によって学ぶ
 8/25-29のICMPC10で発表させていただきます
 日本と西洋における身体接触に関する感覚の違いと習慣の違い
edit |  11:19 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。