2020年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
 
声に出して読みたいインターネット2009下半期  
2009.12.31 (Thu)
前回の「声に出して読みたいインターネット2009上半期」に続き、
2009年7月~12月分の発表です!



【続きを読む】

edit |  23:14 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
声に出して読みたいインターネット2009上半期  
2009.12.31 (Thu)
ときにはゴミの掃き溜めだのチラシの裏に書いてろだのと言われる
インターネット上に散らばる雑文の中にも、
声に出して読みたくなるような素敵な文章があるはずだと、
何気に1年間あたためていた企画。


選考基準は、ざっくりいうと以下のとおり。
・日本語で書かれたもの
・文章表現にどこかしら魅力を感じるもの
・音読することでより味わい深くなるもの
・テレビ、映画や書籍からの転載でないもの

あとは私の主観によります。

2009年の1月~12月の、各月に公表されたものから1点ずつ
秀逸なテキストを選出しました。

ではさっそく!


【続きを読む】

edit |  15:59 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
暴力的表現の規制より、利用時間帯の規制を!  
2009.12.27 (Sun)
勉強ができない子には、勉強法以前に生活スタイルの改善を要する子が多い。


最近特に気になっているのは、小中学生で、
指導の際いつも眠そうにしている子が、無視できない割合でいること。

説明が長い、わかりにくいというようなことが原因であれば、
教師の側にも改善の余地があるが、1人で問題を解かせている間に
ウトウトしてヘビを描きだすのだから、完全な睡眠不足であって、
教師にはその場でどうすることもできない。

【続きを読む】

edit |  23:33 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
「よろしかった」は過去形じゃなくて完了形でないだろか  
2009.10.11 (Sun)
これでも「よろしかったでしょうか」を認めない奴は何が不満なんだ!

「よろしかったでしょうか」の過去形の何がダメだったのでしょうか?

「ご注文は以上でよろしかったでしょうか?」
が正しい日本語かどうかという話。


個人的には、こういう妙な言い回しがわざわざ使われるときには
きっとそれが使われることに意味があるのだと考えたいタイプだ。

たとえば「ら」抜き表現にしたって、
「来られる」というと受け身か尊敬か可能かわからないところを
「来れる」といえばこれは可能の意だとすぐにわかるのだから、
これも必要あって生まれた表現なのだと思うわけである。

そんなわけで文法的に正しい正しくないという話には
どちらかというと興味がないほうなのだけど、
せっかくの機会だから文法的根拠を考えてみようかなと思った。


英語でも"Could you~?"だと丁寧になるだろとか
「よろしかった」は婉曲表現だとかいう考え方もあると思うけど、
ここでは、日本語の「~した」は過去じゃなくて完了だからこれでいいのだ、
という可能性について考察してみる。


【続きを読む】

edit |  23:47 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
往生ぎわ良く死にましょう―[書評]椿山課長の七日間  
2009.09.06 (Sun)
小説家の経営術』によると、
ビジネス書が"how to do"を学ぶものだとするならば、
小説は"how to be"を学ぶものだということであるが、
その意味でいうと、本書『椿山課長の七日間』は
実に学ぶべきところ多き小説であった。

【続きを読む】

edit |  23:58 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
これがガチな心理学の成果だ―[書評]心理学を変えた40の研究  
2009.08.30 (Sun)
心理学は、「人間を知りたい!」という人類の究極の願望によって
発達してきた学問だ。

占い、読心術、催眠術etc.
「心理学」を語る「エセ心理学」の類が多いせいで
いまだ常にうさんくさいイメージを伴う学問でもあるが、
ヒトを知り、自分を知るために、これほど役立つ学問はない。

そして本書『心理学を変えた40の研究―心理学の“常識”はこうして生まれた』ほど、
これを学ぶ取っ掛かりとしてふさわしい本も、おそらく他にない。


【続きを読む】

edit |  23:48 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
アツい若手教育家たちがつながってきました  
2009.08.24 (Mon)
先日、アツい教育者の飲み会が実現した!

【続きを読む】

edit |  23:09 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク