2007年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
 
スポンサーサイト  
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
仕事は楽しいかね?  
2007.05.29 (Tue)
仕事は楽しいかね?』の中で
経済学者バートン・マルキエルの研究について語られている。


「マルキエルは仮想のコイン投げ競争を想定した」

「参加者は1000人。表が出れば勝ち、裏が出れば負けだ。
 そうして1000人の人々がコインを投げると、
 だいたい500人が裏が出て負ける。
 表が出た500人は、もう一度コインを投げる。
 7回投げ終わると、コインを投げる人はちょうど8人になる」

「このころには、コイン投げの達人たちの目を見張るような能力を
 一目見ようと、見物人が集まってくる。
 そして、勝った人たちはお世辞に当惑させられる。
 彼らはコイン投げの天才だとほめたたえられるのである
 ――生い立ちを書かれたり、急にアドバイスを求められるようになったり、
 といった具合に。
 いずれにせよ、参加者が1000人いても、
 たえず表を出し続けられるのは、わずか8人にすぎない」




このマルキエルは、株の選択に関して研究している学者だということだが、
購入する株の選択という問題に限らず、
この考え方はあらゆる場面にあてはめて考えることができる。

ヒット商品の開発者、
ミリオンセラーの人気歌手、
天才児を産んだ親 etc.


勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし
とは、野村監督の言葉であるが、
人の成功体験よりも失敗体験から学べといわれる所以がここにある。



だが、本書『仕事は楽しいかね?』の面白いのは、この後に続く考え方である。


何度となく"表"を出すコインの投げ手は、何度となく投げている

成功するための唯一の方法は、
何度でも「試し続ける」ことだというのが本書のコンセプトである。

そのために、考える目標はただひとつ、
明日は今日と違う自分になる

違うことをするだけなんて簡単なことだと思うかもしれないが、
「同じでいられない」というのは、実はすごく労力を要することだと思う。



 参考
仕事は楽しいかね?(らくどく)
仕事は楽しいかね?(AIGスター生命保険 荷川取佳樹の変化に学び、成長を分かち合う人材を沖縄から・・・)
決定版 仕事は楽しいかね? 会社の宝になる方法(What's inspire me ?)
どうしてそんなに楽しそうなの?(SpeedServe)




札幌だけの家庭教師「考動力研究会」


スポンサーサイト
edit |  17:47 |  我思う  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。