2008年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
 
ICMPC10が終わった・・・。  
2008.09.01 (Mon)



北海道大学を会場として行われたICMPC10が嵐のように終了。

連日会場周辺は各国から集まった参加者たちでごったがえしていて
なかなかのお祭りムードでした。


あれだけ急に周囲がガイジンだらけになってしまうと、
嫌でも文化の違いについて考えさせられる機会がたくさんできる。

今回改めて感じたのは、彼ら、特に欧米人の
他人への関心度の高さである。

まあ海外に来てテンションが上がってるせいもあるだろうが、
彼らは、そのとき、たまたまそこにいる人に対して
いつも一人の人としての、ある程度の関心を示しているようにみえる。

小さな共通点など、話の糸口が生まれるきっかけを決して見逃さず、
積極的にコミュニケーションをとっていく。

大げさにいえば、人類皆兄弟なノリである。
ともすると、街角でティッシュを配っている人にさえ
「ありがとう!ちょうどティッシュがほしかったんだ。
 どうやら風邪をひいてしまったようでね。というのも昨日~」
なんて身の上を話し出したりしそうな、そんな勢いである。

この彼らのノリに乗じて、何度か
"Hi, how are you?"なんてなれなれしく話しかけたりしてみたが、
一人として、ヘンな顔をしたりする人すらいなかった。
自然。
実に自然に言葉を返してくれるものだから、逆にこっちが戸惑ってしまうくらいだ。


普段から、日本人って他者一般への関心が低いよなーと思うことがある。

例えばそれはチラシを配っている人に目もくれずに素通りする人を見たとき。
例えばそれは「ごちそうさま」も言わずに食堂を出て行く人を見たとき。
例えばそれは大学の構内で、互いに顔を知っている仲であっても
あえてすれ違いざまに声をかけようともしなかった自分を思い出すとき。

日本人にはきっと、欧米人と比べて、
日常の中でストレンジャーと交流する機会が圧倒的に少ないのではなかろうか。

アメリカン・ジョークの中にも日本人の外交の下手さをネタにしたものがあるが、
日本人は「交渉」の前に「交際」がヘタかもしれないね。
そんなことを考えさせられた国際学会でした。


自分の発表はというと、まあひとつだけ、やらかした。

自分のところにやってきたガイジンAに、ポスターの内容を一通り説明した後、
ガイジンAが、グラフを指さして「コレはなんだ?」と言う。



指し示す先には"craping"の文字。

ああ"p"がひとつ抜けてたか、なんて思いながら、
「なにって、クラップだ。」と、手をたたいてみせるワタシ。

ガイジンAが言う。

「それは"clap"だ」 と。


Ohソーリーなんて笑ってごまかす私に、
「それ(crap)どういう意味か知ってんのか?」とガイジンA。

「アイドンノー」とワタシ。

するとガイジンAは声をひそめて言った。

「"shit"だ(爆笑)」


・・・まあ言語なんて失敗体験を積み重ねて学ぶものだからさ(汗)



関連エントリー:
 失敗体験によって学ぶ
 8/25-29のICMPC10で発表させていただきます
 日本と西洋における身体接触に関する感覚の違いと習慣の違い
スポンサーサイト



edit |  11:19 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク