2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
 
スポンサーサイト  
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
「ごはんつぶを残すな。」  
2008.02.23 (Sat)
「茶碗にごはんつぶを残すな」と言われて育った。

親が古いタイプの人間であって良かったと感じるのはこのことくらいだ…。


同年代の友達を見ていても、茶碗が米粒だらけの状態で
平気で「ごちそうさま」と言う人間に昔から違和感を感じていた。
それは今現在でも続いている。

あとは最近でいえば、飲み会のときに大量に残される食べ物。
かなり気になる。
かといって、自分ひとりで何とかなる量でもないし、
食い意地がはってると思われるのもアレだし・・・なんて考えつつ
目の前の光景を正当化しようとしてしまう自分もいる。


食べ物をもったいないと思わなくなったのはなぜかを読んで考えたこと。

食べ物をもったいないと思わなくなったのはなぜか。

教育的側面から考えてみると、今の子どもは皆、
小さいときから食べ物が捨てられるシーンを見せられすぎてるんじゃないだろうか。

小学生の頃から、給食で大量の残飯がごっちゃまぜにされて、
捨てるために運ばれていくのを、きっとほぼ全員が見せられている。
そんな光景を見てしまえば、「ごはんつぶを残すな」なんてセリフは
あまりに無意味に思えて当然じゃなかろうか。

さらに高校生くらいになってアルバイトを始めると、
コンビニエンスストアではおにぎりやら弁当やら大量の廃棄商品を、
飲食店では客の大量の食べ残しが捨てられるのをまざまざと見せつけられる。

自分がコンビニでアルバイトをしていたときの経験からしても、
入ったばかりの新人アルバイターは、最初こそ
「うわー、もったいない…。捨てちゃうんですか」なんて言ってるものの、
1ヶ月も経つ頃には、すっかり手際よく廃棄処理できるようになってしまう。

テレビのバラエティ番組で食べ物をぞんざいに扱ってたときだけ
「食べ物を粗末にするな!」なんて抗議してみたところで、あまりに虚しい・・・。


あとは、生産体験・収穫体験の不在っていう理由も考えられるか。

家の畑で自分で育てた野菜を取って食べたり、
近所の川で釣ってきた魚を焼いて食べたり、
自分で育てた鶏やその卵を食べたり、なんて
都会の子どもの多くはほとんど体験できない。
子どもはっていうか、大人もだけど。

「魚は切り身で泳いでると思ってる」なんていうのは極端な例だけど、
食べ物を「実感」できないっていうのは確かだろうなぁと思う。


さてこういった点をふまえて、これからの教育の道について。

例えば子どもに野菜を作らせたり、鶏を飼わせたりっていう生産・収穫体験の補完は、
既にやっているところもけっこうある
(例として『豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日』とか)。

給食もなんとかならないだろうか。

あらかじめ生徒一人一人に自分の食べる量を申告させて
(ご飯○g、サラダ○gとか、親が協力して)、
それに基づいて各クラスに配給する量を決定するとか。

そしてやむなく残すときは、菜園の肥料にできるものは自分で撒きにいくとか、
あるいは代わりに食べてくれる人を自分で見つけなきゃいけないとか。

んー、難しいかなぁ。


関連エントリー:
 コンビニのアルバイトから学んだこと
 消費大国でゴミ大国
 道徳とは感動体験の異名である


 参考
食べ物をもったいないと思わなくなったのはなぜか(WIRED VISION)
edit |  01:53 |  我思う  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
いや、ほんとに。そして好き嫌いの多い子どもが多い。
あたしがみてる子ども達60人くらいいるんだけど、おやつの時間になると半分以上の子が配られたやつの何かしら戻しに来るからね。きっと根本的にわがままで、尚且つそれが許されてきたんだろうね。あと、家庭での食事のバリエーションが乏しいってのもあるかも。食べたことないから食べたくない、的な。家でやりたい事だけやってるんだろうな。
食べられる量申告制度、廃棄を減らすって面では有効だけど、なんか解決になってない気がするぜ。出されたら食う!精神を養いたいぜ。
あたしもごはんつぶは残しません。
まやまん |  2008.02.24(日) 19:59 |  URL |  【コメント編集】
>まやまん

食事のバリエーションかー。
栄養バランスとか考えないメニューだったり、
レトルトとかで済ませる家が増えてきてるのかな?
どこもかしこも核家族だらけで、おふくろ料理を引き継ぐ文化も
減ってきてるのかなーなんて思いました。

そして、「嫌いなものはムリに食べなくていいじゃん」っていう考えが
主流になりつつあるのかねぇ。
oika |  2008.02.25(月) 23:28 |  URL |  【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。