2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
 
スポンサーサイト  
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
日本語にも定冠詞と不定冠詞の違いは存在するッ・・・!!  
2008.12.02 (Tue)
東大、京大、北大、広大の教師が新入生にオススメする100冊」で第5位の
日本人の英語』を今読んでいるところ。

この本は確実にもっと早く知っておくべきだったな。いや実際。


バカの壁』の中で、養老氏が、
定冠詞"the"と不定冠詞"a"の違いに相当するものは日本語にも存在するという話を
次の文章を例に説明している。

昔々、おじいさんとおばあさんがおりました。おじいさんは、山へ柴刈りに……


「おじいさんとおばあさんが」の「が」は、不定冠詞に相当する、つまり
「おじいさんとおばあさんが」といわれてはじめて、
読者は頭の中に特定のおじいさんとおばあさんを思い浮かべる。

その次の「おじいさんは」の「は」は定冠詞に相当する。
読者はさきほど思い浮かべた特定のおじいさんを頭の中で動かす、と。


これを読んでなるほどーと思ったんだけど、
『日本人の英語』(1988年)で既に、日本語の助詞と比較して
定冠詞と不定冠詞の概念が説明されてた。

英語では、いきなり"her cat"で紹介した場合、それはher one and only cat という意味になる。それは、いわば上述の「は」と「が」が二つともこの表現に入っているからである。つまり、"her cat......"という言い方は、ここで「彼女のところには、猫一匹いる。その猫……」という意味になる。

彼女の家に猫が数匹いるとすれば、猫のことを最初に言い出すとき、英語では"one of her cats"と言う。むろん、一度その猫を紹介しておけば、それ以後、「例の、その猫」という意味でher cat あるいはthe cat というのもあるけれども、それは日本語の「は」と「が」の使い方と同じようなものである。



大学の教授達が学生に読ませたいと考えるのも納得。



関連エントリー:
本当に「使える」言葉遣いを僕は知らなかった
読解力がなければ独学はできない
文部科学省の全国学力テストを検証した目次

edit |  22:02 |  その他雑談  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
新書かぁ、BookOffでも見に行こうかな。

桃太郎といえば、親戚の子と親が柴分からなくて説明をさせられた事が…(遠い目)
infograve |  2008.12.05(金) 17:07 |  URL |  【コメント編集】
>infograve様

ものすごく恥ずかしい話ですが、今回コメントをいただいて初めて、
自分が柴刈りの「柴」が何なのか実はわかっていなかったということに気づきました・・・。

柴が何なのかも知らずに今まで何の違和感ももたずに桃太郎を諳んじていたとは・・・恥ずかしすぎる(汗)
oika |  2008.12.09(火) 17:28 |  URL |  【コメント編集】
BookOffで見つけましたよ、本。

昔、Magic: the Gathering (カードゲーム)が日本に入ってきた頃、カードの内容を辞書片手に翻訳してたのを思い出しました。
その時、この本があったら問題のいくつかは解決できてたような気が。

>柴
逆に、ちょっと前まで、柴犬を(柴+犬)で雑種犬だと思ってました…。
毛色が柴っぽいとか、柴を駆け回るからだとか諸説あるようですが、
ちゃんと血統書とかありますもんね。柴犬。
infograve |  2008.12.09(火) 19:20 |  URL |  【コメント編集】
>infograve様

それ僕もやってましたよw
>MTGを辞書片手に翻訳
既に日本語版もあったんですけど、英語版のほうが安くて
日本語版で意味確認しながらやってた覚えがあります。懐かしい。
oika |  2008.12.12(金) 17:13 |  URL |  【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。