2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
 
スポンサーサイト  
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
教育とは画一化であろうか。いや、ない。  
2009.06.27 (Sat)
現行の教育制度は、無意識のうちに画一化を進めるものである。
それゆえ教育者は、画一化を避けようと思うなら、
努めてそのことに意識的であれ。

そう最近思ってる。


あー、「現行の教育制度は」なんてのは卑怯かもしれない。
要するに、気をつけないといけないなと、最近反省した、
という話である。

無意識のうちに、自分が教えやすい子にしようとしていないか、とか。
必要以上に学校にとっての「良い子」にしようとしていないか、とか。

落ち着きのない生徒にはおとなしくしてろと言う。
そのくせ寡黙な子に対して、もっと自己主張してみようとか言う。
そんな平均的な人間を増やしてどうするんだと、最近ふと思ったのである。


どんな短所も、見方を変えれば何らかの長所になる。
落ち着きがないのは活動的だってことだし、
寡黙な人はクール、あるいは奥ゆかしい。

何でも見てやろう』の著者がアメリカに留学していたときの話が面白い。
むこうの紳士はみんなスポーツができて、車に乗れて、気のきいた会話ができる。
だから逆に、スポーツもできず、車に乗れず、英語のできない著者は、
「できないことができる」のですごいというのだ。
女性から「車に乗れないなんて素敵~!」と思われるというのである。

どこまで本当の話かわからないが、その考え方に学ぶことはできる。


だからといって、何も変えなくていいんだということではない。
成長できる部分は成長したほうがいいのはもちろんだ。

ただ、そのポイントポイントで必要が生じたときに
変えられることだけ変えていけばいいんじゃないのと、そう思った次第。
それが一応結論。

たとえば、落ち着きのない子は、テストでミスが多い。
問題を読みとばすミス、勘違いミス、計算ミスetc.
当然改善すべきだが、その性格まで変えようとする必要はない。
落ち着きのない子でもミスを減らせるような、見直しの工夫をすればよい。


あとは、生徒本人が強く望む変化なら支援したい。

「引っ込み思案を改めたい!」
「諦めグセをなくしたい!」
そういう思いがあるときには、とことん一緒に悩んで、
できる協力は存分にしてあげたいと思う。



関連エントリー:
個性を発揮しろ!※ただし期待されるとおりに
あまのじゃくと社会構成主義―いわゆるフィンランド・メソッド
自尊心は褒めて伸びるか?違う戦略を提案してみる
edit |  12:02 |  家庭教師業界話  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。