2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
 
スポンサーサイト  
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
未完成でベスト  
2009.08.03 (Mon)
サッカーでもバスケットでも卓球でも短距離走でも、
おおよその競技において、個人の技能が熟達するにつれて
フォームはより無駄のない形に洗練されていく。
その結果、皆似たような形に収斂されていくのは道理である。

だからプロのようなレベルの高い集団ほど、
選手は皆「正しい形」を身につけていて、
ある意味での「個性」はなくなっていく。

そういう選手同士の頂上決戦には、
そのレベルの高さゆえの面白さがあるのだけど、
まだ熟しきっていない、少年団や中体連、高体連の試合には
また違った、未完成ゆえの面白さがある。

ヘンテコな手のふり方なのに、やたら速い。
得意のパターンにハマったときだけ、めちゃくちゃ強い。
そういうセンスまかせの強さというのは、
見ていてなんだかワクワクするものだ。


およそどんな分野でも、似たようなことはあるんじゃなかろうか。

絵はてんでヘタクソなのに、話の展開が神懸って面白い漫画。
演奏は全然ヘタクソなのに、なんかかっこいいロックバンド。

そういう漫画家やアーティストの技能が熟達されてくると、
なんとなく残念に思ってしまうことがある。


本人が技術のなさを恥ずかしく思っているときに、
実は周りの人にはそれこそが魅力だと思われてたりとか、意外にあると思う。

正しい形、完成された無駄のない形は、すごいけれど退屈だ。

最初に「ある意味での」と書いたけれど、
未完成な部分こそが「個性」と呼ぶものの正体だったりするんじゃないか。
往々にして。



関連エントリー:
個性を発揮しろ!※ただし期待されるとおりに
できるまでできるふり
ファンキー末吉「才能がなければ1000曲作ればいいじゃない」
edit |  22:24 |  我思う  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。