2017年03月 / 05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
 
スポンサーサイト  
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
楽しいことは罪になるのが日本の学校文化  
2010.03.30 (Tue)
とかく日本の学校文化は、
楽しいことは罪だという意識を執拗に子供に植えつける。

辞書は持ってきていいのに、トランプは禁止。
小説はいいのに、漫画は禁止。

お菓子なんてもってのほか!
ただし、のど飴は要相談。

給食時間に教室のテレビでオリンピックを見るのもダメ。
ただし学年主任が熱狂的ファンの場合は例外。

自分自身の経験としても、
小学校で自習時間にトランプやってて怒られたこととか、
中学校で部活帰りにジュース買って怒られたこととか、
高校のPCでゲームの攻略法を調べて怒られたこととかはよく覚えている。


学業に関係ないことが"遊び"に認定され、
学業に必要ないものが"不要物"に認定されて禁止されるわけだけど、
関係ないって何で断言できるんだよって思うんだな。


そういうのを禁止するための理由を見つけるのは簡単だけど、
許可できるだけの理由だっていくらでも見つけられる。

例。
小中学校は携帯電話の持ち込みを禁止してるところが多いと思うが、
こんなに小型で、こんなに学習に役立てられる万能ツールはない。

変換機能で漢字を調べるのも一瞬だし、
言葉の意味や用例を調べるのも、歴史や文化・人物について調べるのも、
ウェブを利用すれば全て可能だ。
黒板を写メで記録すれば板書を書き写す必要もない。
授業中わからなくなってきたら、授業を録音して後で復習することもできる。

これがなぜ禁止されているかといえば、
教師側が、悪用の可能性を完全に把握できていないために、
適切な使用法を指導できないからに他ならない。
となればむしろ、教師の怠慢だと考えることもできる。


ちょっと話がそれた。

ともかく、そういう学校生活を経て、子供たちは
「楽しいことはそれだけで罪だ」と考えるようになる。

だから、エヴァンゲリオンが好きな子に
「大学でエヴァの研究してる人もいるよ」って言うと、
「えっ、そんなのやっていいんですか!?」
っていう反応が返ってくることが結構多い。
子供たちの感覚では、そういうのは"遊び"であって、
"勉強"の対象には成りえないものなのだ。


manabiai_convert_20100330223129.jpg


先日の『学び合い』の勉強会を終えて、そんなことを考えてました。

「主体性のない受け身人間になるな」といくら口を酸っぱくして伝えたって、
主体性を発揮しないメリットのほうが大きいような環境ではダメさね。

勉強するときだけ主体的になれ!なんて、全然現実的じゃない。



関連エントリー:
2010.3.28 北海道で『学び合い』勉強会!第1回「北海道の子どもの姿を語る会」
汝、汝を許可せよ。―[書評]20歳のときに知っておきたかったこと
教育とは画一化であろうか。いや、ない。
edit |  22:45 |  我思う  | トラックバック(1) | コメント(61) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
罪とかとは関係ないでしょ。どう考えても。

>小学校で自習時間にトランプやってて怒られたこととか、
>中学校で部活帰りにジュース買って怒られたこととか、
>高校のPCでゲームの攻略法を調べて怒られたこととかはよく覚えている。

普通に学業に関係ないでしょ。どう考えても。

>「大学でエヴァの研究してる人もいるよ」って言うと、
>「えっ、そんなのやっていいんですか!?」

大学がどんなところか知らないだけでしょ。どう考えても。
メントコ |  2010.03.31(水) 15:36 |  URL |  【コメント編集】
初めまして。
自習時間にトランプはまずいと思いますけど、確かに私の子供の頃は、遊びは禁止、または制限されるもので、勉強は強制されるものという認識がずっとありました。
特に太字のキーワードをひたすら暗記する歴史の勉強は大嫌いだったんですが、私の場合は20代になってから歴史漫画を読んで初めて歴史に興味が沸きました。

なのでたまには授業中に漫画やアニメを見せて毎回感想を書かせたりして遊びと勉強の壁をなくしてもいいんじゃないかと思います。中学生以上では漫画にすら興味を示さないかもしれませんが(笑
すぷ |  2010.03.31(水) 16:28 |  URL |  【コメント編集】
「場の空気」を読んで楽しいことを我慢すること、いわゆる「社会性」を教え込むことも、暗黙のうちに(?)小さな社会としての学校の役割のひとつになっていると思う。
 |  2010.03.31(水) 16:45 |  URL |  【コメント編集】
「学業に関係ないから、だからどうなの」っていうエントリなのに

> 普通に学業に関係ないでしょ。どう考えても。

これじゃあ反論になってないでしょ。どう考えても。
なぜ学業に関係ないと持ってきてはいけないのか書かないとダメでしょ。どう考えても。
 |  2010.03.31(水) 16:58 |  URL |  【コメント編集】
>メントコさん

どーも、浅はかな部分があってすいません。


>すぷさん

>自習時間にトランプはまずいと思いますけど
おっしゃるとおりです。ちょっと調子にのりました…。

もちろん、学校の先生方も生徒たちに興味を持ってもらうために
様々な努力をされているのだということは十分わかっているんですけどね。
僕も授業中に見せてもらったビデオなどは記憶に残っているものが多いです。


>匿名の方

まったくおっしゃるとおりだと思います。

言葉足らずの文章で大変恐縮でしたが、
現在の学校の制度には当然いい面も悪い面もあり、
悪い面はこんな部分があるよねというのを書いてみた次第でした。

なんでもかんでも自由だというふうにしてしまったら
そのときはまた別の問題が起こることは間違いないでしょう。
oika |  2010.03.31(水) 17:11 |  URL |  【コメント編集】
>次の匿名の方

ありがとうございます。
ご補足感謝いたしますm(_ _)m
oika |  2010.03.31(水) 17:16 |  URL |  【コメント編集】
辞書は持ってきていいのに、トランプは禁止。←あきらか勉強してる奴のやる気を削ぐ行為。次元が低すぎて言葉もでません釣りにも程度を弁えて下さい。真面目に書いてますか? なんで勉強が「してやってる」を前提に流れてるのか理解できないです
新高2 |  2010.03.31(水) 19:52 |  URL |  【コメント編集】
■何言ってんだか
この記事に違和感を感じたので投稿します。

私は20年前、ニューヨークの小学校に5年間通っていました。
はっきり言って向こうの学校は日本より厳しい面が多々あるように思います。

まず、授業やランチと関係無いもの、例えばトランプを持ち込んだことがバレると、その内容が担当教師から校長にまで伝えられ、即校長面接、そして大体が停学になります。

放課後に何をするかは自由ですが、もし悪さをして学校に通報が入れば、やはり校長面接 -> 即停学になります。

当時通っていて特徴的だったのは、学校という多人種社会に悪影響を及ぼす可能性が少しでもあるならば、それは校長から徹底追及され、もしクロなら停学という重い処分を科せられる事です。学校は子供社会とは言え、人種問題、宗教問題、犯罪、麻薬(小学生にも麻薬の手は伸びています)、格差など大人社会と変わらないデリケートな問題を抱えていますので、そのぶん学校はマジで取り組んでいます。

日本の学校文化との大きな違いは、TPOの徹底、自己責任の徹底と団体活動がほとんど無いこと。

恐らく今のニューヨークの小学校では、ケータイ持ち込みはOKだと思います。なぜなら通信手段だから。しかし授業中にケータイを出して情報検索していたら確実にアウトでしょう。TPOは徹底されています。またケータイをもし盗まれば場合、責任は持ち込んだ本人にあるので学校はノータッチです。

全校を挙げての運動会や発表会はほとんどありません。もし運動や発表活動を行いたいなら、部活に入ればいいという考え方です。

日本の小学校は授業、運動会や発表会を通じて、いかに生徒の知的水準を平均点以上に保つかに腐心しているように思います。レベルの高い子が低い子を助ける、というような。

アメリカは対極です。いかにレベルの高い子の知的活動を妨げないような学校作りを行うか。人種のるつぼにおいて、レベルの低い子を救うよりも、高い子を徹底的に伸ばす事が国益になることをアメリカの教育機関は知っています。ちなみに当時のニューヨークで学習塾なんてありませんでした。もし優秀な子がいれば、飛び級制度で生徒の知的ステージを上げればいい、という考え方なのでしょう。

どちらの教育方針が良いのかは国力や時代に左右される難しい問題ですが、少なくとも日本のビジネスシーンに見られる高いサービスレベルやホスピタリティを維持するためには日本の教育が必要なんだと思います。反面、GoogleやAppleの経営者を輩出して世界のリーダーシップを取るためには、アメリカ的な教育制度が正解なんでしょう。

yammy |  2010.03.31(水) 20:06 |  URL |  【コメント編集】
僕は、この記事の意見に賛成です。

日本の学校は主体的になれる環境にないと思います。

先生は、これはダメ、あれはダメ ばかりで
理由を説明するでもなく、
先生と生徒という絶対的な上下関係の下で、それが通ってしまうから。 

これじゃ、なんでダメなのか?とか ダメっていう目的は何?
とかいうもっと根本的なことまで、生徒が考えることができないと思う。これは絶対におかしい。

今ひょんなことで、オーストラリアの高校で実習をしていますが
日本の高校は、子どもの本質に逆行してるように感じます。

もう高度成長をし続けていた日本ではないから、
上司に言われた仕事を真面目にこなす人材よりも

自分で考え、新しい何かを生み出せるような人を
たくさん育てていくべきではないかと思います

だから 教育も変わるときが来てるきがします。

長々とすみません
しん |  2010.03.31(水) 20:19 |  URL |  【コメント編集】
そのテーマなら、こういう例えにすべきだな。
 ↓
同じ計算ドリルをしているのに、
楽しんでやるより、苦しんで苦悶の中で脂汗を流しながらやると誉められる。
楽しんで喜んでやっていると、不真面目だ!と怒られる。
 
例え、楽しんでうきうきした気分でやった方が、効率的で早く解け、記憶にも残って成績が上がっていたとしても、真面目にやれ!とどやされる。しぶしぶ、いやいや、屈辱と服従を噛みしめながら勉強をすることをこそ、強要される。
 
実際、そういうところはあると思えるし、日本の学力低下…読解力・応用力の無さ、チャレンジ精神の著しい低下、子供の安定志向・役人趣向を増長させていると言える。
 
と思うよ。


M |  2010.03.31(水) 21:07 |  URL |  【コメント編集】
こういう話題を振るとき、子供の目から見て魅力的と理解できるものを例えに上げているようでは、すでに湧いている反論者が言うように、詰め込み・強制・体罰が正しいとする論調に、呑まれてしまいます。だからダメなんだ…と、反対者側の根拠として利用されてしまいます。
 
このまま新規産業が起きず、本来リスクを回収できる余裕のある資産家や大企業が、その資金力を背景に野心的に動くこともなく、役人化してしまっている現状にあって、楽しいことを罪とする価値観に従って、国力回復などあるはずがありません。あの時代「欲しがりません勝つまでは」と同じ、滅亡への道です。
 
高度経済成長を成し遂げた時代が、教育に対してどのようなスタンスであったのかを考えても、それは自明でしょう。
 
 
少数エリートだけ教育していればアメリカのように国として競争力が強くなる…だなんて、愚かしい勘違い。目先の利益を守りたい一部資産家連中の発言に踊らされているだけだ。あの国はその背景で大多数の馬鹿を抱えている。馬鹿が借金して家を買うサブプラムなんかに踊らされる。進化論も理解できないし、ブッシュの戦争に簡単に乗せられる。ヒトラーを支持したあの頃のドイツとも似ている。極少数のエリートをどんなに優秀に育て上げても、民主主義(多数決主義)の国では、多くの馬鹿を騙すことのできる者が独裁者になれる。馬鹿はより多い方が力になる。そして彼らは国を食いつぶせば平気で国を捨てる。
 
日本もアメリカのように、弱肉強食…弱者は放置(野垂れ死に)。貧乏人は兵士として戦死させれて口減らしすればいい…そんな国にしたいのならば、アメリカ的な教育制度が正解なんでしょう。
M |  2010.03.31(水) 21:29 |  URL |  【コメント編集】
■楽しいこと、というより
「将来の金儲けのタネにならないこと」の方が
正確だと思います。
金魚草 |  2010.03.31(水) 23:07 |  URL |  【コメント編集】
なんだコイツ
北海道の日教組がこんなのを生んだのか…
反面教師になりすぎてるな
極端から極端へ
ほげほげ |  2010.04.01(木) 01:34 |  URL |  【コメント編集】
こんなことを言い出してしまう人材を輩出してしまっている日本の教育は確かに問題だ。
お菓子?トランプ? それを生徒児童が各自持ち込んで、一体何をするというの?
楽しいことが罪? わけが分からない。学校でトランプをしてて怒られた→楽しいことはやっちゃダメなんだ、と理解? それは流石に特殊な子供ではないのか。一般的な学校生活では至らない発想でしょう。

そして子供に教える年齢になっても、何故学校でそのような制限が行われているのかという理由が考えつかないというのは、幾ら何でも幼すぎる。実際に、あなたの子供を、常に楽しいだけの状態で育ててみたらいい。途中で何をやっているか気づくでしょう。
これはひどい |  2010.04.01(木) 02:04 |  URL |  【コメント編集】
大事な視点だと思います。

これまでの社会の仕組みの中では、多くの社会人にとって「仕事」とは単純でつまらないものでした。優秀な人というのはそういう面倒くさい作業を淡々とこなしていく能力が高い人を指す場合がほとんどでした。だから、学校とは楽しくないことをする訓練を積む場であり、楽しくないことが得意な人間を養成し、選別する機関であることは社会にって有益な側面が大きかったんだと思います。

今後はどうでしょう。これからの世の中が本当に「主体性のある能動的な」人間を必要とするなら、課題はいろいろありそうですね。
 |  2010.04.01(木) 02:15 |  URL |  【コメント編集】
見てて面白い記事ですね。
私もこの記事には賛成です。ただすべて賛成というわけでもなく。
> 自分自身の経験としても、
> 小学校で自習時間にトランプやってて怒られたこととか、
> 中学校で部活帰りにジュース買って怒られたこととか、
> 高校のPCでゲームの攻略法を調べて怒られたこととかはよく覚えている。
この部分で、自習時間にトランプは使い方次第、ジュースは怒られる理由がわからない、ゲームの攻略法はダメ
って言うように思います。
一人でトランプを楽しむならばいいでしょうが、他人を巻き込むのはよくないかと。自習ですから、一人で何かに打ち込むのはおkだと思ってます。
ジュースは正直学校を離れればおkではないかと昔から思ってました。飲み物すら飲めないのはどうしてなのでしょうかね。
高校のPCでゲームの攻略法は直感的にはダメな気がします。TPOによるとおもいますが、休み時間に多人数で閲覧している場合などはいい気もします。
時代の変化に学校のルールがついていけてないのかな、と中学校の時くらいから思ってましたが、この記事を読んでまたそう思いました。
学校で携帯電話のようなIT機器がもっと進んで利用できる日はいったいいつになるんでしょうかね。
wai |  2010.04.01(木) 02:21 |  URL |  【コメント編集】
この種の問題は、特に高校までの学校が広い意味で職業訓練校であることに起因するのだと思われます。
要するに、会社でやるべきこと/やってはいけないことを若い一般大衆に躾ける場が学校なのです。
なので批判としては、学校が単なる職業訓練校でいいのかという論点、学校がどのように職業訓練校であるべきかという論点、もしうは現代の企業社会において必要とされる人材に求められるものという論点で臨むべきかと思われます。
hhh |  2010.04.01(木) 02:23 |  URL |  【コメント編集】
国連まで行って制服を強制されていると人権侵害を主張したバカ高校生につうじるものがあるな。
当然、学校にも通えて制服まで着れるのに何言ってんだと総スカン。
どれだけ自分達が恵まれてるかも知らず甘えてる馬鹿が増えてるんだろう。
  |  2010.04.01(木) 03:18 |  URL |  【コメント編集】
自習時間のトランプはさすがに釣りだとおもいますが
日本の学校のルール設定は、集団の最低のやつに
合わせざるをえないようになっている

トランプだろうが携帯だろうが、他人に(教師含む)迷惑をかけない範囲で
使用できる子供がほとんどですが
必ず、集団の中で何人かは、とんでもないことをやるものです
授業中に携帯で大声で通話しちゃうとか、トランプで遊び始めちゃうとか

働きアリの法則とは少しちがうかもしれませんが
ルールを守れている子供だけを集めても
なぜか、数人ルールを守らない子に変化してしまう

さらに、その状態を放置すれば、集団全体が変化します

ルールを守って携帯やトランプを使える人には窮屈かもしれないけど
いちいち、そんなほとんどの人ができることを
わざわざ授業中に、注意する手間を考えると
一律禁止にしてしまうほうが、効率はいいように思います

まあ、それを教師の怠慢といえちゃう人には
歯がゆくおもえるかも
ドクトル |  2010.04.01(木) 04:44 |  URL |  【コメント編集】
はてぶから

私が通った高校は授業に差し障りがなかったら早弁可
(勿論一時限前でもOK)

釣りじゃないから、校名書いとくよ>福岡県立小倉高等学校
(偶然だけど保険業界の2社とか日銀のトップは卒業生だね)

休み時間ならトランプも可だったよ
こういうのは地域ローカルとか学校ローカルの面が多々ある
通りすがり |  2010.04.01(木) 05:19 |  URL |  【コメント編集】
かなり多くのコメントが…。
最初は個別返信されていたようですが、その後はどうなるのでしょう?

ブログを読んだ感想です。
あなたは「北海道大学」を卒業された方なのですね。
良くも悪くも、学力的に優秀な人の視点なんだな、と感じます。
携帯電話が学習に有効な万能ツール、なんてくだりなんか特に。
その感覚・発想が面白い。


>小学校で自習時間にトランプやってて怒られた
そりゃそうですよ。自習時間なんだから。
トランプをしたい人もいれば、自主学習をしたい人もいる。
ですが、「自習時間」という枠の中です。それは怒られるでしょう。
迷惑がかかる。要するに、他人の学習する権利を侵害している。
「楽しいことを禁止」しているのではないのです。迷惑だからやめなさいと。

>学業に必要ないものが"不要物"に認定されて禁止されるわけだけど、
>関係ないって何で断言できるんだよって思うんだな。

「ダメ」なものはダメ、そう教えるのも必要です。
「楽しいこと」はダメなこと、なんてどこの学校が教えているのですか?

あなたも、もう少し大きくなればわかってくると思いますが、
人を教え育てるということは、実に難しくて面白いです。
勉強会での議論や、学習塾や家庭教師の経験など、教育分野に
少なからず関わりを持っているのですね。
4月からはSEとして就業とのことでしたが、少しずつ社会の中で
さらに経験を積み、見聞を広めてください。
 |  2010.04.01(木) 07:56 |  URL |  【コメント編集】
ブログに共感した。

>>迷惑がかかる。要するに、他人の学習する権利を侵害している。
トランプをしている人がいれば勉強する人の気が散ってしまうと言いたいんですか?
でもそれは直接関係ないでしょう。勉強したい人の問題だと思います。

私はブログ主の一個上の学年でしたが、義務教育中は本当に意味不明の締め付けが多かったですね、刑務所の中って本を読んだら、小中学校をもう少しきつくした様な感じでした。
基本的に学校も刑務所も「締め上げて従順にする」事を目的にしているのでしょう。
理不尽な規則でがんじがらめにして、理不尽に耐性をつけさせるという点では効果があると思います。

それが良いか悪いかは別にして。

>「楽しいこと」はダメなこと、なんてどこの学校が教えているのですか?
事実上、そんな感じでした。
小学校の頃、学級文庫を生徒が寄付するシステムがありましたが、何故かゲームを元ネタにした物はだめでした。ドラクエのノベライズだったんですが。


私の場合、「主体性」を大きく奪う事に貢献したのが、この無意味で非合理的な規則や常識でしたね。
自分の頭で考えて行動しても、明確な説明なく否定されてつぶされましたから。教師や親の気分に従っていた方が楽だと感じ、主体的に考えて行動する事が無くなっていったと思います。今思い返せば「やる気」や「熱意」がドンドン奪われていくシステムだったと思います。

再び主体性が復活したのは好きな事で起業した後です。
ああああ |  2010.04.01(木) 08:27 |  URL |  【コメント編集】
私は子供の頃、大人に「何故勉強に関係ないものを学校に持ってきてはいけないのか」については
「盗んだ・盗まれたでトラブルになり、互いに疑いをかけたりすることになるのがよくないから」
のように説明されていました。
小学校低学年くらいだと罪の意識なく、欲しいと思ったら盗っちゃう子もいるだろうから、大人になった今でも割と納得できる自然な理由付けだったと思っています。
皆の持ち物のレベルを一定にしておくというのは盗みのトラブルを避けるうえで効果的かと思います。
ana |  2010.04.01(木) 09:40 |  URL |  【コメント編集】
>>anaさん
そうですね、それは納得できます。

ただ・・・

中学生の時、ワンポイントの入ったTシャツを学生服の下に着て登校してきた
人がいました。
教師に胸倉を掴まれて猛烈に怒られていました。まるで犯罪者扱いです。
やっぱり、刑務所のように、理由なく締め上げて従順にする、といった目的が一番に来ているのだと思うほうがしっくりきます。
ああああ |  2010.04.01(木) 10:15 |  URL |  【コメント編集】
■まあね
これは教える側の表現でなないかと思う。

あれやこれはダメという考えで社会生活を送る上で必要なことを教えること。
逆にそれとこれがいいからどんどんやりましょうと集中させて必要なことを教えること。

どちらに重きをおくかはそれぞれの社会で変わってくると思います。
同じ素材を提供したにせよ、印象が異なる。

使うエネルギーや能力では禁止や制限をかけたほうが教師は楽ですね。
総合学習なんか、その際たるもので教師自身の主体性に関わってくるから大変だと思う。
んー |  2010.04.01(木) 11:05 |  URL |  【コメント編集】
決められたことを守る。破ったら注意される。ひどい時には罰を受ける。

ということに何でそんなに疑問を抱けるのかがわからないんですが。

注意をされたくないなら集団から逃げ出せば良いし、規則を作る側になればいい。その辺のことを考えさせるのも学校教育のひとつでしょう
aaaa |  2010.04.01(木) 11:12 |  URL |  【コメント編集】
意外と批判的なコメントが多くてびっくりですね。
「楽しいこと」というより、厳密には「楽しそうなこと」がNGなんですよ。一番わかりやすいのがルーズソックスでしょう。「靴下は白」としか決められてないのに、女子がルーズソックスを揃って履きだしたら途端に難色を示す。それはつまり、楽しそうだから、でしょ。ほとんどの教師って、想像力が欠落しているんですよ。無理やり自分たちのやり方で子どもたちを(勉強に)夢中にさせるより、放っておいても夢中になっているものからヒントを得ればいいのにね。

小・中学生のときは整髪料禁止なんて厳しく言われましたけど、あれだって解せない。だって将来美容師になりたい子だっているんだし、髪型に気をくばるのは大人になってからも必要なことでしょう。

結局、日本の学校なんて軍隊ごっこしてるだけだなと思いましたね。今はどうかしらないですけど、自分の経験で言えば20年ぐらい前は「楽しい」とか「罪」とかの判断すらできない教師たちばかりでしたよ。
kj |  2010.04.01(木) 11:43 |  URL |  【コメント編集】
楽しいことはなぜ学校にとって罪なのか?
答えは簡単です。

「生徒が勉強をしなくなるから」


また学校は自由を満喫する場ではなくて、規則を守ることを
覚える場でもあると思います。

確かに自由も必要ですが、道理をわきまえない子どもを扱う
以上、理屈のない規制も必要でしょうね。
ベーゴマ |  2010.04.01(木) 12:21 |  URL |  【コメント編集】
日本の教育は面白くないってのは同意。ただ学校にはアメリカほどでないにしても、色んな人間の子供が集まりますから、面倒事が増える要因は避けたいと学校側は考えているのでしょう。

それにしても義務教育課程は面白くない。特に面白くないのは夏休みの宿題とかw作文っていうと指定図書を読む事から始まり、自由研究と言えば対象は理科の実験が中心となる。それも個人での提出となり共同作業はあまりないしね。そういう意味では「楽しいこと」を許容するだけの教育機関には、日本の学校はなり得ない。そもそも一教師の負担が大きすぎることが問題だろう。
bt |  2010.04.01(木) 12:21 |  URL |  【コメント編集】
文章に違和感を覚えました。まるで子供のような発想・・・。

勉強が楽しくてたまらなく自ら進んでやってくれるようなら理想ですが、それがなかなか難しい。
トランプを使った楽しく創意工夫に溢れた授業をやるならともかくただ遊ぶためのトランプなら勉強の妨げになるだけでしょ。一つたがが外れるとそれをきっかけに収拾がつかなくなる。そんな経験はないでしょうか?
だからルールが作られるんです。欲望むき出しの子供たちを強制的に押さえつけることなくまとめられる先生はかなりの力量の持ち主でしょうが、全ての先生にそれを期待するのは難しいでしょう。

子供側の発想ではなく教える側の苦労も慮る必要があるのではないでしょうか?
 |  2010.04.01(木) 14:02 |  URL |  【コメント編集】
今日はエープリールフールで、この記事も釣りなのでしょうか?
学校のあり方についてですが、けじめは必要だと思いますよ。
 |  2010.04.01(木) 16:18 |  URL |  【コメント編集】
いじめも楽しいのに問題になるのはおかしいよねー。
だいたい、いじめられる子は不要物だから登校禁止だよねー。
 |  2010.04.01(木) 17:02 |  URL |  【コメント編集】
■ 
学校に勉強以外に熱中するものを持っていくってのが問題なのよ。
  |  2010.04.01(木) 19:15 |  URL |  【コメント編集】
日本の学校は士官学校の流れをくんでいますから厳しいのです。
その目的は見事に達成され、優秀な企業戦士をたくさん生み出しているではないですか。
それが良いのか悪いのかはわかりませんが。
 |  2010.04.01(木) 20:57 |  URL |  【コメント編集】
ゆとり思考乙www
エイプリルフールネタかと思って2回も読んだじゃねーか。
一時期ケータイの闇サイトが問題になったの知ってます?w
 |  2010.04.01(木) 21:05 |  URL |  【コメント編集】
うおおおおおすごい数のコメント!
賛否両論さまざまなご意見ありがとうございます!!

反論もありがたいんですけど、罵倒とか抜きでやってもらえると嬉しいです。


あらためて、一応少しだけ補足しますが、
「自習時間のトランプを許可しろ!」とか
「PCでゲーム攻略法しらべさせろ!」とか言いたいわけじゃないです。

他人の迷惑になる・別の問題が生じる等々でやむなく禁止する場合もあるでしょうし、
集団活動を学ぶ上では、あえて禁止したほうが生徒にとってプラスになることも多いでしょう。

ただ、そういうのがつもりつもって、そういう環境で長く過ごした子供たちは
自分からあれをやってみようこれをやってみようという気持ちを失っていくのではないかと思うので
そういう部分は現行の文化のマイナス面だよねという問題提起です。


あと、「日本の」って頭につけるのは自分の悪いクセですね。

他国と比較してどうこうと論じれるだけの知識はないんですが、
とりあえず日本の学校文化はそうだよねってことです。

oika |  2010.04.01(木) 21:27 |  URL |  【コメント編集】
ルールがあるからこそ新しい発想が出てくると思いますけどね。

そもそも、ルールや規則をただの禁止事項としかとらえてないのでは、話になりませんよ。

ルールや規則は、自分を守る盾であるが武器にもなる。
ようは、考え方ですよ。生徒会の役員等をやればわかってくると思うのですが^^;

決められた中で、何ができるか考え検討することが大事じゃないですか?

そもそも、楽しいことをしたければ学校でなくてもいいではないですか。

ケータイ・PCで簡単に検索できる・・・学校は知識を習得し、色々な事柄を学ぶ場ですよ。答えを出すだけが勉強では無いのです。答えを導くまでの経過こそが大切だと思いますが^^

どう考えてもw
おっさん |  2010.04.01(木) 21:56 |  URL |  【コメント編集】
この管理人最高にアホw
 |  2010.04.02(金) 05:14 |  URL |  【コメント編集】
コメント陣営も相当にアホだと思うよ
個人的にはMさんの端的で的確な指摘が良かった
そういうことじゃないのか。
追加するなら、便利で実用的だからという理由で学校に何かを持ち込むことがあっても・・・つまり、学校の授業に変化があってもあんまり意味はないと思うよ。
だったら「いい笑顔」とかを研究する授業のほうが役に立つといえば役に立ってしまうよね。
便利実用的という根拠は納得しがたい。

とにかく、コメントのほとんどが理性的に批判しているようでかぶりまくっててうざいです。自分の意見がすでに他人の意見としてでているなら、言わなければいいのに。別に言ってもいいけど。
上品に書けば書くほど同じ話を重ねる連中は従順な子供にアホほど説教する嫌な大人に見えてしまいます。気をつけてね。おればかだから横から殴るよ、本当はしないけど
M2 |  2010.04.02(金) 06:18 |  URL |  【コメント編集】
私も社会学とかが最初は学問なの?と思っていました。

今の学校の一番いけないことは理不尽な校則を無理やり強いることで、生徒に何が良いのかを考える力を奪うことです。
とろひみわい |  2010.04.02(金) 07:36 |  URL |  【コメント編集】
はじめまして。
僕も「具体例」には賛同しかねますが、記事の『考え方』には多いに賛同いたします。

反対派の皆さんが言うように、“けじめ”は大事だと思います。
学校って、まずは“集団のルールを守る事を学ぶ場所”として機能すべきだと思うんです。なぜなら、これはどこに行っても使えるスキルだから。

でも、「守って当たり前じゃん!疑問に思うのは間違いだよ!」という姿勢では、人間としてそこから進化出来ないでしょう。(守破離)
oikaさんの提示している、現存の“前提”を疑う力=考える力、これこそ“ルールを守る集団”の中に必要な人材ではないでしょうか。

現存の前提(集団内で当たり前になっていた事)を問い直し、あえて破って、経営不振等の危機を乗り越えた企業は多々あります。
(具体例はビジネス関係の本、テレビ、Webサイトにいくらでも載っております。)

有名な話ですが、ココ・シャネルが婦人服の前提であった“コルセット”の無い服を売り出したのも、そういった考え方から生まれてますよね。
最近の日本で言うならば、北海道赤平市の植松努氏。彼は「どうせ小さな町工場なんかで出来るわけないでしょ」と言われていた“宇宙ロケット”を見事に打ち上げ成功してしまった。
彼らに共通している事は、やはり「前提を疑い考える力」でした。


「学校」ではルールを守らせるだけじゃなく、時にはそこから一歩踏み出して成功することもあるよ、という事を学ぶ時間もあって良いでしょう。
(ただし“ただルールを破るだけ”ではよくないよ、とも付け加える必要もありますね!)

乱文失礼いたしました。
とく |  2010.04.02(金) 13:41 |  URL |  【コメント編集】
教師一人で何十人もの児童(生徒)を見なければいけないのだから
ひとりひとり丁寧に「ダメな理由」を教えて行くのは困難でしょうね。

ここの管理人さんの意見には七割ほど同意できます。

そして幾つかのコメントに、ガッカリさせられました。

ここの管理人さんが何を言いたいのか、それをまるで理解しない
自分の生まれ育った教育課程が間違いないものだと思ってらっしゃる。
高校や大学を出て、社会でそれがとても身になったと実感出来たからでしょうね。

しかし貴方達は本当に「正しく育った」と言い切れますか?

たとえルールがあっても、それがどうして「禁止された決まり事」なのかは
少なくとも「誰かが」そのルールを犯さないと理解は出来ません。
「痛みを知ること」も大切だと思うし、それを見て客観的に学習する事もあるでしょう。

管理人は「ダメな理由を説明せずにルールで押さえつける学校」に疑問を抱いているのです。
それを読み取れてない。本当に大人なのですか?
論点からして外れている反論にとても気分が悪くなります。

学校は社会に出てからのルールと我慢を学ぶ所だとは思います。
しかし、未来につながる可能性を見出すのならば、過度なルールは必然的にその可能性を潰してしまいかねません。

今までの教え方では「楽しい事は学校でしてはいけない」と思うのが普通です。そう思わないのは貴方が大人になってしまったから。
そうでなく「どうしてやってはいけないのか」を丁寧に教えないと子供達は分かりません。
そうして、もっと自分達の力で考える力を育み、限られた状況下で最善のものが生み出せれば、これに適うものはありません。

大人がルールを作り、そのルールを子供達が犯せば大人が叱る。
しかも教師とて人間ですから、偏屈した考えを押し付け、厳しく罰することもあるでしょう。
それだけ可能性が潰されているということです。

もちろん、すべてが間違いではないでしょう。
結局、教え方の問題だと言う事ではないでしょうか?

学校に通う意味すら見失っている現代の子供達に、貴方は何を出来ますか?
いつき |  2010.04.02(金) 14:28 |  URL |  【コメント編集】
自分の意見に合わない極端な例を出してダメ出しし、自分の意見に合う極端な反例をだす方法には嫌気がさす。
で、っていいたい。
子供はこんなにコロッと騙されちゃうんだよね。
規則が厳しいのは小学校とかちょっとあれな人がいる中学とか高校でしょ。
そういう人たちにはまずルールを教えないとね。
ダメな先生が杓子定規にルールはこうだからこうとその内容も考えずにいうのは子供にとってもよくないとおもうけど、楽しいことは罪になるっていう意見はどうかと思う。中二病かよ
ほげほげ |  2010.04.02(金) 23:43 |  URL |  【コメント編集】
参考になります。

子供が「楽しいことしてお金もらってはダメ」というふうに
思ってるフシがあるんですね。

自分のひらめきや直感のため努力する楽しさや
自分自身の工夫を誰かが喜んでお金を払ってくれることなども
子供のころに体験できるといいですね。
  
atsushi |  2010.04.03(土) 21:14 |  URL |  【コメント編集】
面白い記事ですね。
言いたいことは良くわかります。

反論コメの方々は記事の本質を読み取れてないだけですね。

主さんの出してる事例が極端なんで「?」て思うかもしれないけど
Mさん、M2さん、とくさん、いつきさんのコメントあたりがよく整理
されていると思います。
bs |  2010.04.04(日) 15:34 |  URL |  【コメント編集】
■考え方は賛成ですね。
ただし、具体例の部分は賛成しかねます。

その中で一番気になったのは、携帯の辞書ツールを勉強に活用の部分です。

今の世の中、確かに便利なツールがあり、子供の居場所さえ携帯で把握出来る世の中になりました。勿論、そういう技術の進歩は否定するつもりはないですし、場合によっては必要だとも思います。
ですが、考えてみて下さい。辞書をひかなくなった場合、子供達は『その場しのぎ』で調べ、覚えようとせず、そこで終了してしまうと思います。そういう環境で育った場合、一番困るのは子供達です。

あくまで、学校は学校です。学ぶ姿勢を教えるのも学校の役割だと思います。

長文失礼しました。
そーぼー |  2010.04.05(月) 11:41 |  URL |  【コメント編集】
賛成コメをよく読むと、ただ単に「押し付けはだめ」っていう基準でしかコメントしていないのがよくわかります。
中にはそれが「本質」だという勝手な解釈まで。。


>「楽しいことはそれだけで罪だ」と考えるようになる。

となってしまうのは確かに残念なことではあるが、現実には「楽しいことだけがが理由で罪になっていることは何もなく、すべてに理由があります。
子どもはその理由を理解できない以上、楽しいことでもだめなことはだめと指導することは大切だと思う。

ただ、子どもの勘違いは分別がついた頃に、訂正する必要はあるかもしれませんね。


ベーゴマ |  2010.04.07(水) 18:02 |  URL |  【コメント編集】
校則の無い学校にいる俺勝ち組すぐるwww
 |  2010.09.20(月) 00:00 |  URL |  【コメント編集】
記事自体はいい視点だと思います。
大人は自分たちが『正しい教育を受けてきた』と思いこみすぎている。
教育環境も時が経つにつれて変化しています。それは今までの教育に不十分な点があったからではないのでしょうか。
外回りを掃除中の小学生が通勤途中の会社員に挨拶をしたところ、シカトされていたのを見たことがあります。基本の挨拶すらできない人達が、果たして正しい教育を受けてきたと言えるのでしょうか。

生徒が教師に学校へのいくつかの疑問投げかけたとき、「確かに」とおっしゃる先生もいらっしゃいます。
それでも「今までこうだったから」「それはできない」「これが決まりだから」そうやって自分の立場を守ろうとしたり・・・学校の衰退化が伺えます。

この記事は、今現代の人々が言う「間違っている」について、本当に間違っているのか考え直す良い機会なのではないでしょうか。
 |  2010.11.30(火) 10:14 |  URL |  【コメント編集】
禁止されていることに楽しいことが多いのは事実。
でもこんな記事を正しいと思って書いてしまう人が育つのは確かに問題だと思う。

漫画?お菓子?
まぁオリンピックの話は教師もどうかと思うけど、
トランプ?ジュース?高校のPCでゲームの攻略法?

これを書いた人に物事を教えるのは無理があると思いますが、
自分が与えられる事を当然だとは思わないでください。
少し視野を広げてみてください。
分別を身につけてください。
何事もバランスを心がけてください。
皆が同じ環境ではないことも少しだけ考えてください。

何が本当に楽しいかがわかるようになるといいですね。
 |  2010.12.15(水) 18:43 |  URL |  【コメント編集】
こんな借金まみれの国にまともといえる人なんていないと思いますよ。
みんなが誰かの金で福祉を得て、それを当然のように思ってる腐った国です。
そしてなんの恩恵もうけてない次の世代に負債だけ残す。

そんなやつらが当たり前とか当然とか常識とかどう考えてもとかいう言葉を使わないで欲しいですね。このヒモ野郎どもがと言う感じです。

せめて新しい世代の心を折らないでほしいということでしょう。
賛成です。借金つくるだけの社会の常識なんて無くなって当然です。
 |  2010.12.22(水) 18:37 |  URL |  【コメント編集】
確かに禁止されている事は間違った事ではありません。

でもね。あえて「学校にいる時は」ってくくりをつけて、逆に「自由な時間にならやっていいから」という事を言いたいんだと思いますよ、学校は。


社会的なルールだとか、我慢の大切さを教えるための予行練習です。
 |  2011.01.25(火) 19:20 |  URL |  【コメント編集】
長すぎるからほとんどのコメは見てないけど、よーするに禁止するなら禁止するで、禁止に値する論理的理由を教師が把握してないって自体を問題にしてるんでしょ?
誰だか言ってた「善行は受け継がれても善心は受け継がれない」って言葉に忠実に従った例な訳だ、教師が意義を本質的に理解していないって事は。
「辞書は学ぶためのもの」、「トランプは遊ぶためのもの」、なんて全部イデオロギーに毒された固定観念。
ここでは、携帯電話がどのように学業に影響を与えるのか、あるいはどのように貢献するのかなんて問題になってないのさ。ただの一例に過ぎない。
もっとマクロな視点で話そうぜ。
 |  2011.02.08(火) 18:25 |  URL |  【コメント編集】
あ、↑の者ですが誤字ってしまった。
×「固定概念」
○「固定観念」
 |  2011.02.08(火) 18:37 |  URL |  【コメント編集】
(楽しいこと)の検索で来ました。

考えればむずかしい事ですよね^^

難しく考えなければ楽しいのかな?

大変な時代ですが考える事ができるのは素晴らしい事ですと自分を励ましましょう!
miyatyu 22 |  2011.03.19(土) 02:24 |  URL |  【コメント編集】
まず日本をどんな社会にしたいのですか?
もしくは、どんな社会になるか分かっていて、こんなことを書いているなら、どんな社会になるのか言ってみてください。
SSSI |  2011.04.05(火) 00:44 |  URL |  【コメント編集】
漫画は日本の文化ですし、私の小学校の時はクラスの本棚に漫画が置いてありました
20年近く前のことですが
単語や漢字をプリントしたトランプで遊ばせれば一石二鳥だと思います
エースだったら、一文字の漢字
4だったら、四文字熟語等工夫して
教師も生徒も「創造性」「冒険心」「行動力」が欠けてるんですよ
それどころかそういった発想や行動力を持った子どもや教師を「変人」「やっかいなやつ」扱いですからね
  |  2011.05.19(木) 12:54 |  URL |  【コメント編集】
勉強に繋がる価値観・目的なんて人それぞれですからね。
例えばトランプから数字の面白さに気づいて算数を頑張る子供だっているでしょう。
最初の方のコメントに勉強してる人の邪魔云々ありますね。
てことは、勉強したい人、遊びたい人(遊びから何かを学ばせる目的)の両方が最大限に才能を発揮できるシステムを作ってあげれば解決です。
そもそも1つの教室に押し込んで同じ勉強をやらせるってのが、窮屈だなって思います。
せっかく組ごとに別れてたりするんですから、教室ごとに学び方も全部変えて、子供に希望を取らせればいいなと思います。
雪風 |  2011.07.04(月) 13:01 |  URL |  【コメント編集】
小説を持っていって良いのは羨ましいな。

関係ないものはまったくダメでした。
 |  2011.08.17(水) 00:27 |  URL |  【コメント編集】
そんな考え方もあるんですねー
正直バカ?と思いましたよ、、、

学校の意見をどうのこうのいう前にあなたの思考を改めないと、、、あなたが可哀想に思えてきた。
 |  2011.09.16(金) 15:16 |  URL |  【コメント編集】
記事の例えはかなり極端だと思いますが、言いたい事は何となく分かるかもしれません。
否定的なコメントをしている方は論点を見失っていると同時に、「常識」という宗教を過信しすぎているように見えます。

知人の話ですが、自分のやりたい事と仕事が全く別で悩んでる人がいます。
生活のためにお金を稼がないといけないから働いてるのかと思いきや、「やりたい事(楽しい事)だけやってるのは甘えだから」という理由で働いているようです。別分野に行く事で視野を広げ、やりたいことをする時により深みを出したいと言うなら分かるのですが、「甘えだから」というのはどうかと思いました。しかも本人はやりたくない仕事で鬱になり、ひきこもって休みたいとか好きな事だけやっていたいとも言います。それでも「甘えだから」と今の現状を顧みようとはしません。

楽しい事をやるのは甘えなのだろうか?
私自身もやりたいことがあり、それを職業にできたらと頑張っています。(作家系です)
でも、私もまた、心のどこかで罪悪感があります。悪い事をしているわけではないけれど、何とも後ろめたい気分になるのです。
楽しい事や、やりたい事を極める時間もない人がいるのに何をやっているんだろうとか、もっと自分も苦しまなければいけないとか、色々な事が頭をよぎります。
自分の人生なのだからと思い直しますが、それでも何かが怖い。
この「何か」の部分って、小さい頃から暗黙のうちに植え付けられた全体主義のようなものなのかなと思います。みんなで一緒に苦しもうねっていう暗黙の規則があるように思います。
社会生活の中で必要な常識は確かにあります。
でも不要な「常識」もあります。

記事が投稿されてから時間も経っていますし、長文で申し訳ないですが、個人的にとても気になったのでコメントしました。
 |  2012.03.30(金) 07:01 |  URL |  【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

先日、数ヶ月ぶりに某先輩と口を聞いたのだが、そこでネチネチと説教をされた。そのあまりの理不尽さにイライラしているので、ここで愚痴を吐き出させてもらう。 説教の内容は、「野...
2010/03/31(水) 22:26:11 | おしゃべりクソ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。