2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
 
スポンサーサイト  
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
怒られてへらへらするときに僕の考えていること  
2011.09.01 (Thu)
先日、知人たちと数人で話してたときに、
「怒られてるときにへらへらしてるやつって何考えてんだ」
っていう話になって、あーそういうもんかーって思った。
普通の人からしたらやっぱヘンなやつに見えるんかーって。

なので、怒られてへらへらするやつの考えていることについて、
怒られてへらへらする僕が責任もって弁解しておきます。



自分の思いつく限りでは、
人が怒られたときに笑おうとする理由は大きく2つある。

ひとつめ。自分の精神状態を保つため。

人に怒られるのが極端に苦手な人の場合、
説教されたり、何かを咎められたりしたときに、
その内容を考えるよりも先に、
とにかくぶっ倒れないように精神を維持する必要がある。

それで、無意識に自ら笑顔を作ることにより、
「いま言われているのは大したことじゃないんだ」
という自己暗示を試みるわけである。

防衛機制と呼んでいいのかわからないけど、そんな感じ。


ふたつめ。場の空気を悪くしないため。

極端に周囲に気を遣う人の場合、
自分が怒られていながらもなお周囲に気を遣って、
少しでも場が険悪な感じにならないように、
笑顔を作って空気を和らげようとする。

こういう人の場合、他人が叱られているときにも
やはりへらへらしてしまったりする。
学級で先生の説教タイムにいつもにやにやしていて
怒られていた子、といえば、一人くらい思い当たる人が
いるのではないかと思う。


以上。

自分はどちらかというと前者タイプだけど、
人によっても、状況によっても異なるだろうし、
あるいは全く別の理由もあり得るだろうと思う。

とにかく、
「真面目な話をされてるときにへらへらするな!」
なんて一概に言っちゃわないで欲しいなあと思うのでした。



関連エントリー:
個性を発揮しろ!※ただし期待されるとおりに
テキトーな人は他人を嫌わない
あまのじゃくと社会構成主義―いわゆるフィンランド・メソッド
edit |  22:26 |  我思う  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
いきなりすみません

とてつもなく共感できたんで
コメントさせていただきます。

自分もきっと回りからしたら
怒られているときへらへらする
人間です。
今日友人に言われました。
ただ回りがピリピリする空気が
嫌で、いつも笑っていたら
へらへらしていると言われました。

こうやってわかってくれる人が
いて嬉しいです。
いきなりコメント
図々しくすみませんでした(TT)
pooler |  2012.07.03(火) 19:37 |  URL |  【コメント編集】
■承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2015.10.26(月) 13:40 |   |  【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。