2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
 
スポンサーサイト  
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
自分のメタ認知に打ち勝つ  
2007.05.13 (Sun)
最善の判断をするために、
自分自身を奮い立たせるような「内なる声」に惑わされないことも
ときには重要である。


分かりやすい例を挙げると、
自分に片想いの女性ができたとする。
そして、その女性と付き合いたいと思うようになったとする。

やがて、「そろそろ告白しようかな」と、迷うときがくる。

このとき、「いや、まだ時期尚早かな」と先延ばしにしようとすると、
「ビビって告白できないのかよ!いくじなしが!」というように
自分自身を責めるような内なる声が聞こえることがある。

これを気にし始めると、もう「先延ばし=いくじなし」というような気がしてきて、
冷静に客観的な判断をすることができなくなってしまう。


もちろん、このような「内なる声」は、自己を監視する上では役立つことも多い。
本当に怖気づいて、いつまでたっても告白できないでいるよりは
己の内なる声に奮い立ち、告白するほうがずっと立派ではある。

しかし、この「内なる声」が、ときに適切なタイミングを見失わせる。

「おれはいくじなしじゃないぞ!!」と勢いづいて告白したら、
「まだ○○君とはそんなに仲良くないし・・・」
なんてことにもなりかねない。


適切な判断をするために、
ときに自分を信じきって冷静に判断することも大切である。

自分で客観的に判断することが難しい場合は、
客観的に判断してくれる友の存在が貴重になる。

ただ「おまえならいけるよ!大丈夫だよ!」と元気をくれるだけでなく、
「今はまだ早い」「そろそろ頃合いだ」というように
冷静な助言をくれる友を持つことは、意外に難しいものだ。



札幌だけの家庭教師「考動力研究会」


edit |  23:47 |  我思う  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑ | あとで読む このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。